その辺にいるITインフラ屋さん

たまーに気が向いた時に適当な事を書く個人の日記みたいなもの。個人で作ったアプリのサポートページとしても利用しています。

自宅のWindows PCのSSDを換装(120GB ->240GB)したよ

2ヶ月ほど前(2019/7/14時点)にはSSDがかなり安くなっていた事もあり、自宅のWindows PCの容量UPを行ったお話しです。 滅多に実施しない事なのでメモ程度に残します。

今回実施する作業はある程度Linuxとかの操作を知っている人向けです。SSD2台をPCに接続してUSB BootしたUbuntuでDISKコピーを行うといった感じになります。 私のPCの場合はmini ITXなのでSSDが二台しか接続出来ないため、USB Bootさせる事にしました。HDDをクローン出来る製品を買えばこんなことせずに出来るかと思いますが、ケチりました。購入したSSDより高いのはちょっと…


  • SSDについて
  • UbuntuをUSB Bootするための準備
    • UbuntuのISOイメージを取得する
    • USB ドライブのフォーマット
    • UbuntuのISOイメージをUSBドライブにコピー
  • 物理作業
  • Ubuntu上でのDISKコピー作業
  • Windows側の設定

続きを読む

Route53で利用してるドメインをcert-managerのDNS-01 Challengeで認証させる

過去の記事AmbassadorというAPI Gatewayとして動作させるものがあるので利用してみました。cert-managerHTTP-01 ChallengeDNS設定の認証をさせましたが、この方法だと手作業が発生して面倒です。DNS-01 Challengeで認証させるように変更してみました。


  • Cert-manager v0.7 to v0.8 の設定内容の変更点
  • Route53でのDNS-01 Challenge設定
  • nginxにhttpsで通信出来てるかの確認

続きを読む

KubernetesでAmbassadorを使ってhttps通信をさせる

過去の記事でGKEを使ってnginxを動かしてみましたが、httpsの通信は出来ない状態でした。nginx自体にLet's Encryptの証明書を設定してhttps通信をさせる事も出来ますが、nginx自体を自前で管理するのはしたくないです。AmbassadorというAPI Gatewayとして動作させるものがあるので利用してみました。


  • Ambassadorの設定をする
  • cert-managerを使って証明書を準備する
    • 事前準備
    • 証明書の作成
    • HTTP-01 Challengeの設定
  • nginxにhttpsで通信出来てるかの確認

続きを読む

GKEをTerraformでコード化してみる

AWSを触ってる人がGKEを試してみるの続編

お試しにKubenetesクラスタを立てて置くのはGKEといえどそれなりにお金がかかります。マシンタイプをsmallIngressを立ててhttps通信を出来るようにしてみると、200円/day くらいでしたので6000円,month/くらいはかかりそうでした。せっかくのサービスクレジットがあっという間になくなるのは勿体ないので、気軽にリソースを削除出来るようにTerraformでコード化します。


  • GKEのクラスタとノードの設定
  • TerraformでGCPを利用する
  • TerraformでKubenetesのコード化をする

続きを読む

AWSを触ってる人がGKEを試してみる

ここ最近はAWSのEKSを検証として業務で触り始めて、 kubernetesは本当によく出来ているなと感じている私です。kubernetesの勉強も含めて個人開発でも使いたいなと思っていますが、EKSは個人で利用するには高いです。

EKSを利用するのに必要なリソース

  • EKSクラスタの料金
  • ワーカーノード(EC2)の費用
  • NAT Gatewayの費用
  • ELBの費用

GKEは安く使えるとの記事をよく見かけるので試しに使ってみようと思います。今までGCPを使ってないこともあり無料トライアルで約3万円分のクレジットもあるので恐れずに利用出来そうです。ちなみに私はBigQueryしかGCPのサービスを触った事がないです。

今回の目標はnginxをインターネット越しに見れるようにする所まで。


  • VPCを作成する
  • GKEのクラスタを作成する
  • Kubenetesクラスタに接続する
  • nginxのPodを作成して接続してみる
  • マシンタイプを変更する
  • 触ってみた感想

続きを読む

独自ドメインでメールサービスを利用する(Zoho).md

この記事は自分へのメモみたいなもんです。

独自ドメインでメールアドレスを利用したい場合がもしかしたらあると思います。
過去にAWS SESを利用してメール受信をしていたのですが、管理するのはやはり辛いのでメールホスティングサービスを利用する事にしました。

メールホスティングサービスの鉄板といえばGmailがあるかと思います。Gmail独自ドメインを利用する場合はG Suiteの契約が必要になります。個人で利用するのにG Suiteはなぁ…。という方にはZoho社のメールホスティングサービスがおすすめです。単一ドメインでウェブアクセスのみしか出来ないなどの制約はありますが、フリープランで利用することが出来ます。

Zoho社はCRMのイメージをもっていますが、色々なサービスを統合的に提供されています。ホームページは日本語化もされていますし、過去に少しだけ関わりのありましたので個人的には信頼しています。細かい設定部分などは日本語化されてないですが、仕方ないですね。

続きを読む

はてなブログに移行してみた

久々に記事を書いてみます。id:mayuki123です。

元々はワードプレスにサイトを作っていましたが、はてなブログに記事を移行してみました。idをmayuki12で作りたかったものの、すでに使われていたのでmayuki123になりました。

とりあえずは無料プランで試してみて、事足りるようなら独自ドメイン使いたいので有料プランに移行するかも。

なんで移行したかったの

会社の技術ブログ書こうと記事まとめていたら、自分のはてなid欲しいなと思って勢いで作ってみました。Wordpressは高機能なのですが、私はカスタマイズする気もなかったので、完全に機能を持て余していました。

移行したかった理由たち

  • Wordpressmarkdown記法で書こうとすると色々といじってたので面倒だった。
  • やっぱりサーバ管理はめんどくさい。
  • https化するのも手間をかけるかお金かけないといけない

インフラ屋さんを名乗ってるものとしてあるまじき発言…。勉強としてならサーバ構築からやるのはいい経験にはなりますが、個人で管理していくのは大変なのでマネジメントサービスに頼った方がいいです。

ここ最近何してたのか

半年くらいアプリもろくにアップデートせずに音沙汰なくしてましたが、手術後に何かあったわけではないです。1ヶ月くらいで術後の神経痛もなくなってひっそりとアプリのリファクタリングをがっつりとやってはいたのですが、12月くらいに力尽きてしまいました。意識低い人間なので、サービス改善は短い期間でぱっとやらないとダメみたいです。

1~2月上旬の間には横浜から埼玉県に引越しをしていました。横浜は遊びに行くところも多く楽しい所でしたが、物価が高いのとどこも人が多すぎでした。カップルとか新婚時期にはとても楽しいのですが、ファミリーになるとちょっとお財布が厳しいなといった感じです。埼玉に越してきて2ヶ月弱ですが住みやすいです。いつかまとめたい。

2月下旬くらいから3月末まではマンション見たりしてました。引っ越して早々次の家かよとなりますが、引っ越してきた部屋が3年間の期限付きでお手頃な家賃だった事もあり、そろそろ持ち家が欲しいなと思って。この辺もいつか整理して書きたいところ。

ようやくプライベートでばたばたしてたのもようやく落ち着いたので、4月からははてなブログを試していきたいと思います。
どのくらいモチベーションが続くか…。